リニューアルした大分空港展望デッキに行ってきた

 リニューアルした大分空港展望デッキに行ってきた

こんにちは。あらいさんです。
大分空港の展望デッキがリニューアルされたと
聞いて展望デッキ見学をしてきました。
まずは公式サイトのニュースです。

公式サイトの記事はこちら

 

 

リニューアルした大分空港の展望デッキの
コンセプトは?デザインは?

2016年12月28日にリニューアルオープンした
大分空港展望デッキに行ってみました。
公式サイトによるとリニューアルした展望デッキの
コンセプトとデザインは

【リニューアルコンセプト】
公式サイトより引用させていただきました

「記憶に残る場所」
「会話が弾む場所」
「何度でも行きたい場所」

【コンセプトデザイン】
公式サイトより引用させていただきました

大分の魅力的な景観「海」「山」「空」を曲線と高低差の
             あるウッドデッキ調テラスや植栽で表現

佐伯市出身のランドスケープデザイナー、
団塚栄喜さん(アースケイプ代表)によって
デザインされた展望デッキです。

リニューアルした大分空港の展望デッキの6つの特徴

公式サイトによりますと
展望デッキに7つの特徴があるということで
確認してみました。

公式サイトより引用させていただきました

展望デッキの7つの特徴
【1】デッキ空間
  ・波のような大きな曲線が連続するデッキ空間。
  ・座って、滑走路や海を眺められます。
  ・子どもたちの空港見学時には階段式教室に早変わり
【2】芝生広場
  ・小さな子供を遊ばせたり、寝そべったり、リラックス した
   時間を過ごす快適なスペース。
【3】みんなに優しい設備
  ・山側への上りや芝生への下りにはスロープと手すりを配置 
  し、車いすやベビーカーも安心してご利用できます。
【4】みんなに優しいトイレ
  ・ファミリートイレと多目的トイレを設置。高齢者や小さな
   お子さま連れのご家族、お体の不自由な方にも優しい
   トイレを作りました。
【5】カメラスポット
  ・新しくフェンス際に透明の強化ガラスを設置しました。
  ・6ケ所の小さな開口窓から存分に撮影ができます。
  ・望遠鏡1台設置
【6】照明
  ・夜間は照明を段差に沿ってライティングされ、幻想的、
  かつ足元を安全に照らし出します。
【7】ご利用時間
  ・6時30分から最終便出発迄(最大21時迄)
  ・天候により閉鎖する場合もあります。
  ・入場無料
【8】展望デッキの仕様他
  ・床面積:1200㎡ これまでに比べ250㎡増
全長:68.5m 最大幅:17.6m
  最大高低差は芝生より1.7m 旧床面より2.3m高
  ・壁面のサインの黄色数字は、大分空港の位置を示して     
   います。
北緯33度28分38秒 東経131度43分58秒 

【1】デッキ空間

・波のような大きな曲線が連続するデッキ空間。
・座って、滑走路や海を眺められます。
・子どもたちの空港見学時には階段式教室に早変わり

展望デッキ入口から一番奥に設けらたスペース。 大人数のグループが座りながら見学するというのも可能です。

【2】芝生広場

・小さな子供を遊ばせたり、寝そべったり、リラックス した時間を過ごす快適なスペース。

小さい子どもたちが遊ぶには快適なスペースになってます。大人でもつい、寝そべりたくなるかんじです。

 

【3】みんなに優しい設備

・山側への上りや芝生への下りにはスロープと手すりを配置し、車いすやベビーカーも安心してご利用できます。

【4】みんなに優しいトイレ

・ファミリートイレと多目的トイレを設置。高齢者や小さなお子さま連れのご家族、お体の不自由な方にも優しいトイレを作りました。

ファミリートイレと多目的トイレ 男女別のトイレはここにはなく、 この2つのトイレのみでした。

 

【5】カメラスポット

・新しくフェンス際に透明の強化ガラスを設置しました。
・6ケ所の小さな開口窓から存分に撮影ができます。
・望遠鏡1台設置

芝生の広場の隣に撮影スポットがあります。 強化ガラスを施されたフェンスにに6つの小窓が。

この小窓は直径が約10cmでした。 スマートフォンも通り抜けるので、 小窓からさしだしての撮影も可能。 ※うっかり落下だけご注意を(笑)

これがその小窓が突き出してとった感じ

この隙間もあるので、
とても撮影空間としては
快適な造りだと思いました。

展望デッキ奥の山側にある無料の大型双眼望遠鏡

【6】照明

・夜間は照明を段差に沿ってライティングされ、幻想的、かつ足元を安全に照らし出します。

段差に沿ったライティング。 ちなみに壁面のサインの黄色数字は、大分空港の位置を表しているそうです。 北緯33度28分38秒 東経131度43分58秒

 

まとめ

大分空港のリニューアルオープンした展望デッキの6つの特徴を中心にまとめてみました。特に撮影スポットとして
強化ガラス施したフェンスに小窓があるのはいいアイデアだなと思いました。

大分においては熊本地震を端に発したふっこう割による特需でにぎわいましたが、そのふっこう割が終わり、観光客数の低下が懸念されています。

大分の玄関口である大分空港において来てくださった
お客様にぜひ、良い思い出をというおもてなしの心が
伝わる施設だなととても思いました。

大分空港の名物にもなっている足湯とともに
ぜひ、この展望デッキも利用していただきたいです!
以上あらいさんがお伝えしました。

 

ニュースURL:【お知らせ】大分空港「展望デッキ」リニューアルオープンしました!

 

追記(170528(日)に再訪してみました)

大分空港からの展望図

170528(日)に展望デッキを訪れたところ
カメラスポット用の展望ガラスの小窓の上部に
簡単な観光地図と説明書きが施されていました!

左から

主に山口県あたりになるでしょうか。
山口あたりの陸地がみえるときは
相当、天気がよく、空気が済んでいる時ですね。

真ん中

真ん中の陸地は四国は愛媛県が見ることができます。
空が晴れていればよく見えます。

右側は大分県。佐賀関から大分市の工業地帯あたりですね。このあたりはよほど、ガスってなければ目視できるイメージです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

九州のひなまつり勢揃い!『大分空港雛めぐり』開催中!

2月5日は別府大分毎日マラソン!

大分空港 近況 170519

大分空港売店で別府竹細工など伝統工芸品の販売しています。

ソウル行くために大分空港の国際線ターミナルを利用してきた

大分空港足湯1周年イベント開催中に足湯してきました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。