大分空港売店で別府竹細工など伝統工芸品の販売しています。

大分空港売店で別府竹細工など伝統工芸品の販売しています。

月が変わり、如月、2月になりました。
こんにちはあらいさんです。
大分空港2階の保安検査入場口前、売店
旅人では 
別府竹細工をはじめとした、大分県産の
伝統工芸品の販売ワゴンが設置されています。

別府竹細工/Beppu Bamboo Crafts

別府竹細工の特設コーナー

別府竹細工の特設コーナー

別府竹細工 説明書き

別府竹細工 説明書き

 

別府竹細工の歴史について調べてみた

別府竹細工伝統産業会館さんの公式サイトで
その歴史について説明してくださるページがありましたのでこちらをまとめてみます。

参照URL:別府竹細工伝統産業会館さん>>別府竹細工の歴史

別府竹細工の歴史概要

起源:人皇12代景行天皇が別府に立ち寄った際、お供の台所方が、良質のシノダケが多いことを発見し、茶碗籠をつくったことがはじまりとされる。

室町時代:行商用の籠が販売のために生産されるようになり、竹細工の市場が整備されていく。

明治時代:土産品の域を越え、高度な技術を集約した工芸品へと発展。
明治35年:技術者育成目的として大分工業高校の前身である「別府工業徒弟学校」創立。

昭和13年:大分県により「大分県工業試験場別府工芸指導所」が設立。現在の大分県立竹工芸訓練センターの前身。

昭和25年:別府市により「別府市工芸研究所」が設立。現在の別府市竹細工伝統産業会館の前身。

昭和30年:安価なプラスティック製品が普及を受け、日常生活用品とは一線を画する高級竹製品として転換を図る。

昭和42年:生野祥雲斎さんが竹工芸としては初めて日本国宝に指定される。

昭和54年:経済産業省から「伝統工芸品」の指定を受ける。

以上のような、歴史的背景のある伝統工芸品
「別府竹細工」

大分空港お立ち寄りの際、ぜひご覧くださいm(_ _)m

国東、七島藺(しっとうい)・
日田、小鹿田(おんた)焼も同時展示販売!

同時に国東の七島藺(しっとうい)
と日田の小鹿田(おんた)焼も
展示販売されています!

国東の伝統工芸品 七島藺

国東の伝統工芸品 七島藺(しっとうい)

日田 小鹿田焼(おんたやき)

日田 小鹿田焼(おんたやき)

 

まとめ

以上、大分県産の伝統工芸品の展示販売されている
大分空港内の様子でした。

こちらに来てまだ1年経っていず、
大分県についての詳しいことはまだまだ
知らないことが多いので
個人的にも大分県のこと、伝統産業について学べて
とても貴重な機会でとてもありがたいです。

七島藺については把握していましたが、
竹工芸については最近知った所。
お正月の松の内に飾られる門松のほとんどが
手作りであることにびっくりしていました(^_^;)

以上、いたなびあらいさんがお伝えしました。
最後までお読み頂いてありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ソウル行くために大分空港の国際線ターミナルを利用してきた

大分空港足湯1周年イベント開催中に足湯してきました!

2月5日は別府大分毎日マラソン!

リニューアルした大分空港展望デッキに行ってきた

NO IMAGE

テスト

九州のひなまつり勢揃い!『大分空港雛めぐり』開催中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。