プロフィール

「いたなび」を運営している
あらいさんこと
新井 栄一と申します
1970年代生まれ
40代 男 独身です
もともと私は関東在住だったのですが、
2016年7月に大分空港周辺に移りました。正直、ほぼ直感に近い感じでの移住です
その理由は3つあります。

①住居費が安い

家賃はいくら?

結論からいうと、大分空港周辺の単身アパートは
月額20,000円あれば余裕で借りることができます。

その家賃になった背景

全国的な相場に比べればその安さは破格なものがあるのですが、
決して、あやしい物件とかそういう類ではありません。

ここはもともと一部上場(世界的大企業のS社やカメラで有名なC社など)の超有名な企業の大工場がいくつかあり、

そこで働く人のための住居として単身アパートが数多く建てられたそうです。

しかし、それらの企業のリストラにより、労働者数が激減、
単身アパートも供給過多という状態になり
家賃がこの地域全体的に爆下がりしたそうです。
 

住んでみての実感 

ちなみに以前済んでいた関東のとある都市での家賃に比べ、
3分の1になりました。
こちらに住み始めて約半年になりますが、家賃が安いがゆえ
の不都合は全くありません。
 

②食環境に恵まれてる

手軽に安価で手にできる新鮮な農産物と水産物

大分空港のある国東市は山と海に囲まれている立地ということもあり
地場もの農産物・海産物の販売所があちこちにあって

野菜・果物・お魚などが安価で手に入れることができます。

こちらに移ってきて知ったのですが、ここ国東にかぎらず、
大分、はたまた、九州全域にわたり、こういう環境だということを
知って、ただただ驚くばかりです。
しかもその日とれたてというのが基本で品の鮮度も文句なし。

長年にわたった偏った食生活による健康への不安を払拭できた(気がする)

 
単身者としてはかかる食費だけでなく、栄養の偏りも気になるところですが、これも難なく克服できたと思います。
20年以上に渡って、偏った食生活をしてきた自覚のある自分にとってはこれからの20年に何を摂取するのかはここ数年の最重要課題のひとつでした。

これからは地場物の旬の野菜、魚を積極的に摂取して課題克服して
いきたいとおもいます。

近頃はどの季節にどういう野菜が売られているのかを見るのが楽しみになりました。
 

③空港が近い

空路が多数あり、思いついた時に移動可能

 
大分空港からは現在
羽田、成田、インチョンなどのハブ空港
また、伊丹、名古屋という国内主要都市への
空路があり、いつでも、簡単にこれらの都市にいけます。
 

豊富にある大分県内の主要エリアへのバス

 
空港が近い=空港バスの停留所が近いということで、
空港から出ている大分県内主要都市に行ける
バス停が近いということです。
特に、温泉好きな自分にとってみると別府、湯布院に簡単に
行くことができるのは最高の贅沢となっています。
 

ドライブ先で迷子になりにくい

 
全く土地勘がないのですが、ドライブにでて、
迷いそうになったとき、「大分空港方面」という看板に
したがって、道をすすめば、迷子になることなく、
帰ることができています。
 
以上の理由から関東在住時代に比べて
栄養のとれた食生活
簡単に移動ができる利便性の獲得が
可能となりました。
 
まだ、来て間もないし、近隣地域のことについては
知らないことばかり、ツテのある知り合いもいない状態なので、
地域の方と仲良くなっていきたいと思っているところです。

あらいさん

こと
新井栄一でした
 
2016.12.21 記